現在の歯科治療において、「接着」はより身近に・より日常的なものとなっています。そして接着材料はより簡便・高性能な製品改良が求められ、進化を遂げてきました。
只その一方、様々な製品の発売により、その中において、使用方法の誤解による失敗や製品に依存するが故のトラブルなどの発生リスク頻度も高まっています。
本講演では、う蝕治療において最も重要ともいえる接着材料の原点出発点に立ち返り、「う蝕を知る」ことをベースに「診断・予防・治療・管理」について、また、接着材料の審美面での可能性について学術的な視点と臨床・実践的な視点の双方向からその有効性について解説して頂きました。

抄録

Q&A

講演会の質疑応答の内容をまとめております。Q&A集を見る